【お金】過払い金の不安を解消する方法クレジットカード借金やローンでお悩みの方必見

☆生活応援

こんにちは。ボイツーです。

今日は過去の返済過払い金を請求しようとお悩みの方にお伝えします。

知っているのと知らないのとではこの違いは大きいです。

海外旅行に必要不可欠なのは

クレジットカードでしょう。

海外旅行保険も付くので便利だよね。

 

わたしも過去にクレジットカードの

キャッシングをした事があるわ。

海外でキャッシングのありがたみを実感した方は多いですよね。
テレビやラジオのCMでよく聞く過払い金が戻ってきますよ。とする広告は目にした方は多いのではないでしょうか。
自分は関係ないとは思わず消費者金融を利用した事の無い方だけでなく、過去にクレジットカードでキャッシングを利用した方は該当する可能性があります。

過払い金を請求するメリット、デメリットをお伝えしますので、まずこの記事を読んで下さい。まず、過払い金とはなんぞや?という方

過払い金とは

平成22年6月18日改正貸金業法が施行されるまで、消費者金融業者が顧客から受取ることができる利息の上限が二つの法律「利息制限法(上限20%)」と「出資法(上限29.2%)」で違いました。
大手を含む消費者金融業者は高い利息の出資法を基に、上限29.2%という金利で貸付を行ってきましたが、昭和39年以降多数の最高裁判決で、「利息制限法の上限利率20%を越えて支払った利息は無効である」という解釈が一般的になったのです!
そのため、長い期間「利息制限法の上限利率を超えた利息」を払い続けてきた人は、「払いすぎた利息を返してもらう【過払い返還請求】」ができるようになりました。
また、過払い金は過去に遡って請求する事も可能です。(完済してから10年未満であることが条件)

メリット

  • お金が返ってくる可能性がある
  • 書類を書くだけ
  • クレジット会社とやりとりしなくていい
  • 相談無料が多い
  • スッキリする

デメリット

  • 過払い金を請求したクレジット会社を利用できなくなる
  • 記憶力が必要
  • 回収できる期間が決まっている

申し込みの流れ

私は過去にキャッシングを利用したことがあるので、某法律事務所に電話することにしました。

まず、聞かれるのが、過去利用したことがあるクレジットカードをお伝えします。
うる覚えでも、たしかこの会社を利用したことがある旨をお伝えください。

複数社ある場合も併せて記憶の限りお伝えします。
電話口でカウンセラーの人が優しく教えてくれます。

後日、書類の記入が必要なので、印鑑と本人確認書類をもって事務所に出向き複数枚書類を記入して、後日電話がかかってきます。

クレジット会社とやりとりしなくていい

個人でクレジット会社に連絡をして1社づつ確認するのは至難の業でしょう。
法律事務所がやりとりしてくれるので、気まずい思いもする必要はないのは大きなメリットでしょうか。

不安要素

過払い金を請求してしまったら、その後が不安で躊躇している方も多いようです。
個人とのやりとりのみなので、家族に知られることもありませんでした。
過払い金を請求するだけなので、完済しているのであれば、仕事に悪影響が出るリスクはありません。
未納で滞納していれば、勤務先に連絡がくるかもしれません。
過払い金を請求するとそのクレジット会社は利用できなくなる模様です。現在支払い中でよく利用しているクレジット会社に過払い金を請求するのは止めたほうが良いでしょう。

成功報酬が多い

元々はあなたのお金で多く利子を支払っただけです。成功報酬にしている事務所が多いので、借りに過払い金がなければ請求はされませんでした。
あなたが返済しすぎたお金を返してもらう手続きなので、過度にためらう必要もなければ、不安になることもありません。

不安なら1度無料相談

それでもまだ不安ならぜひ、1度無料相談をしみましょう。無料で相談できる良い機会です。完済していても、支払い中でも、悩んでいるならまずは相談すれば優良なアドバイスがあるとおもいます。

まとめ

過払い金を請求すること自体は、大きなリスクはほぼ無いでしょう。しかし時間が立ちすぎると、請求自体が出来なくなったり、時効になる場合があります。不安要素が一つでもあれば、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ブログ村の総合ランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます!

ボイツーblog - にほんブログ村
料理と旅を愛するボイツーのブログです。脱サラ⇒フリーランスで独立中☆のんびりと楽しく好きなことを、好きな時に好きなだけ、あなたのプラスになる事を書いていきます♪いつも応援ありがとうございます!

アース法律事務所

☆生活応援
をフォローする
タイトルとURLをコピーしました