【アマフレ】アマゾンフレックスに挑戦しよう。ギグワーカーになる理由|amazon-flex

★ギグワーカー

こんにちは。ボイツーです。

今回はAmazon Flex傷病手当金失業手当についてです.

Amazon Flex

先に言いますが皆さんはAmazonFlexでお仕事は楽と思っていませんか?

はっきり言って楽ではありません!かなりのハードワークです。

しかし私の人生はサラリーマン時代より豊かになりました。

皆さんはAmazonを利用したことがありますか?
私はAmazonのヘビーユーザーです。

だって欲しいと思ったら次の日には届くんですよ?これを当たり前にしたシステムは凄いと思いませんか。このシステムは陰で色々な人達の努力で成り立っています。

私がAmazonFlexで仕事を考えた理由の1つは、私がサラリーマン時代に朝方、出勤しようと家を出ると、毎回大体同じ時間に若いノースフェイスの黒いジャンパーを着たイケメンのお兄さんが、Amazonの箱を持って颯爽とマンションに入って行くのでした。

また別の日は、ピンクのキャップを被ったかわいいお姉さんがAmazonの箱を持ってマンションに向かっています。物流未経験の私は当時、配送会社といえば、佐川急便とクロネコヤマトしか知りませんでした。

私のサラリーマン時代は休みの日でも関係なく電話がかかってくる仕事だった為、日中に遊びに行っても、フェスに行ってもご飯を食べていても電話は鳴りっぱなしでした。

ある日曜日の夜、自宅でサザエさんを見ていると、お客様からのクレームの電話がきました。そこから2時間程のクレーム対応に入りました。対応がある程度終わり疲れ果てて、そこでこう思うのです。

転職しようと。

当時の私は不眠が続き、ストレスで心療内科で鬱病の薬をもらって飲んでいました。

元々やりたい仕事ではなかったですが、周りの仲間に恵まれて10年以上働いていました。

入社当初は、周りよりも早く出世して、稼いでやると意気込んでもいました。しかしいつの間にか、ただただこなしている仕事になっていました。

中には経済的な面や今後の再就職に不安で、鬱病のまま仕事をして病状が悪化し、会社に連絡も無く実家に業務携帯と業務パソコンだけ置いて、失踪した同僚もいます。

私もだれにも相談出来ずに、転職のサイトばかりみていましたが、ふと若いノースフェイスのジャンパーを着たイケメンを思い出しました。携帯でAmazonFlexの応募を見つけました。
服装が自由で、好きな時間で仕事が出来て、上司や取引先もクレームの電話の無い生活に強烈に憧れました。よし、Amazon Flexで宅配便をしよう。




【アマフレ初心者向け】2021年おすすめ台車選び 迷ったらこれ 保存版

そこからはすぐに上司に退社の意思を伝えて、離職手続きに入りました。10年も勤務していると退職の仕方がわかりません。

傷病手当金

傷病手当金は同一の病症が原因で連続して休職期間が3日以上ある場合、4日目以降の休みから傷病手当金が支払われる制度でした。
仕事を休職する方は覚えていて損はありません。
そのまま退職しても、1年6か月は休業前までの1年間の平均月給の2/3を国に補償される制度です。

失業保険

失業保険は離職後、再就職する意思や能力がある場合90日~360日支給される雇用保険です。
退職した会社から発行された雇用保険被保険者離職票をハローワークに提出すると失業保険受給の資格があるか決定されます。
ここで注意するポイントは失業手当は鬱病などの精神疾患やほかの病気の人は回復してすぐ働ける状態でないと失業手当はもらえません。
鬱病などで働けない場合は傷病手当金をもらいましょう。

失業手当は登録してすぐもらえる訳ではありません。
受給資格決定日から7日間は『待期期間』
そこから3ヶ月が『給付制限期間』
で計3ヶ月と1週間は失業手当をもらえません。
その期間は自腹で生活しないといけません。
私の場合は貯金なんてなかったのでキャッシングしまくりました。

また鬱病などで退社した場合、特定理由離職者として、ハローワークに病状証明書を提供すると失業手当受給期間が『300日』(45歳以上は360日)3ヶ月の給付制限がなくすぐにもらえるケースもあります。
私の場合、当時ウーバーイーツで4時間以上稼いでいたのでもらえませんでした。

色々と調べて、失業手当の金額の少なさに、待つより自分で稼いだほうが得策だと考え、こうして私はAmazonFlexにすぐ登録手続きをしました。

実際にギグワーカーとして働いていて思うことは現在、不要不急で自由に外出が出来ない中、配達ドライバーはお客様の自宅に商品を届けています。重い荷物もあれば、運転をするので危険も伴います。楽だけではありません。以前配達をした時、車いすで生活をしている男性が玄関まで出迎えてくれました。『自由に買い物が出来ないので、自宅に商品を持ってきてくれて感謝します』の言葉に胸が熱くなったのは忘れられません。あなたも誰かの役に立ってはみませんか?


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ブログ村の総合ランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます!

ボイツーblog - にほんブログ村
料理と旅を愛するボイツーのブログです。脱サラ⇒フリーランスで独立中☆のんびりと楽しく好きなことを、好きな時に好きなだけ、あなたのプラスになる事を書いていきます♪いつも応援ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました